静岡県アンプティーサッカー

お知らせ information

アンプティサッカーについて

アンプティサッカー

主に上肢、下肢の切断障害を持った選手がプレーするサッカー。
競技は国際アンプティサッカー連盟(WAFF=World Amputee Football Federation)が統括。
日本国内におけるアンプティサッカーの競技・事業統括は日本アンプティサッカー協会(J-AFA)が行う。

1980年代にアメリカ人の切断障害者であるドン・ベネット氏が偶然ボールを蹴ることによりこの競技を思いつき、以降アメリカ軍負傷兵のリハビリの一環として採用されたことから一気に普及が進んだ。

従来のような障害者スポーツに必要とされた専用の器具を必要とせず、日常の生活やリハビリ・医療目的で使用している松葉杖クラッチ(主にロフストランドクラッチ)で競技を行うため、足に障害を持つ人々にとっては、最も気楽に楽しめるスポーツとして日本はもちろんのこと海外でも急速に普及・認知度が高まっているスポーツ。

特に経済的に恵まれない国々においても受け入れ易く、特に紛争の多い地域では四肢を欠損した兵士や民間人の身体的リハビリやメンタルヘルスケアにも一役買っている。

【日本アンプティサッカー協会HPより】

日本での歴史

2008年

日本での歴史は比較的浅く、元アンプティサッカーブラジル代表の日系3世エンヒーキ・松茂良・ジーアスが来日したことをきっかけに普及活動が開始された

2010年

義足製作を依頼していた財団法人鉄道弘済会の義肢装具士齋藤拓(現チーム代表)らの呼びかけのもと、日本初のアンプティサッカークラブFCガサルスが立ち上げられた。
また、同時期に日本アンプティサッカー協会も設立された。
普及が始まったばかりで国内の競技人口もそれほど多くないが、2010年第8回ワールドカップアルゼンチン大会へ約15名の選手団が派遣された(うちプレーヤー10名)

2012年

ワールドカップロシア大会参加

2014年

ワールドカップメキシコ大会参加 決勝トーナメント出場

ルール

基本的なルールは通常のサッカールールに準じるが、一部ルールを変更している。

  • アンプティサッカーは7人制競技である。フィールドプレーヤー6名とゴールキーパーの計7名。
  • フィールドプレーヤーは基本的には下肢切断者、ゴールキーパーは上肢切断者が担当する。
  • 切断側の四肢を使用する事は禁止。
  • フィールドプレーヤーは移動のためにクラッチを使用するが、このクラッチをボール操作に使用することはできない。
    (故意に触れた場合はハンドとなる)
  • ゴールキーパーはペナルティエリアから出ることができない。
  • タッチラインをボールが割った場合は、スローインではなくキックインでゲームが再開される。
  • フィールドプレーヤーは転倒した状態でボールを蹴ることはできない。
  • オフサイドルールは適用しない。
  • 選手交代は何回でも可能。
  • 国際大会での試合時間は前後半25分の、計50分間で行われ、その間に10分間のハーフタイムがある。

about Shizuoka

静岡県の選手は3人です。ぜひ仲間を増やしたいです。

リンク

アンプティサッカーを応援する会 静岡 公式HP

アンプティサッカーを応援する会 静岡 公式Facebookページ

  • 電話をかける
  • このページのトップへ