障害者サッカーとは

障がい者サッカーについて

障害者サッカーとは?

障害者サッカーついて

障害者サッカーは、知的障害者がプレーするサッカーです。

日本国内に於いては約5000名のプレイヤーがおり、それぞれの力量により楽しんでおります。

ルールは皆様がご存知のFIFAサッカールールと全く同じですが、発達障がいの度合いにより試合時間が30分ハーフになったりします。国際試合などは45分ハーフで戦います。(日本知的障がい者サッカー連盟 HPより)

私たちは障がいのある方のサッカーを応援しています!

  1. 静岡県の知的障がい児・者のスポーツ参加、特にサッカーの普及を行なっています。
  2. 知的障がい者のある方の参加できる大会を主催及び後援しています。
  3. 知的障がい者サッカー静岡県代表の強化事業を行なっています。
  4. 他の障害のサッカー団体と連携し、大会等のイベントを行なっています。

下記の団体内での活動及び連携をしています!

  1. 一般財団法人静岡県サッカー協会ハンディキャップ委員会と連携しています。
  2. 公益財団法人静岡県障害者スポーツ協会の団体として活動しています。
  3. 日本知的障がい者サッカー連盟と連携しています。
  4. 本知的障害者スポーツ協会登録のサッカー団体と連携しています。

ルール

コートやルールは、一般のサッカーと同じです。

静岡県内での選手の状況

  • 特別支援学校(学級)等のチームと卒業生等で構成された地域のチームが中心です。
    少ないですが、施設や企業のチームもあります。
  • 昨年度の登録人数は  人です。
  • 電話をかける
  • このページのトップへ